過払い金

過払い金が発生する理由は、利息制限法と出資法それぞれが定める金利の上限が違うことにあります。金利の上限は、利息制限法では額によりますが15~20%、出資法は29.2%です。この利息制限法と出資法の間をグレーゾーン金利と言います。利息制限法を超えても罰則がなく、金融業者は出資法の上限で貸し付けていたようです。しかし、法律が変わり金融業者は利息制限法以上の金利で貸し付けが出来なくなり、グレーゾーン金利分の払いすぎたお金を返金してもらえるようになりました。

過払い金は、任意整理(http://www.4vents.net/)や特定調停などの債務整理をすることで明らかにすることが出来ます。請求はお金を借りた人自身で行うことは出来ますが、金融業者との交渉や書類の作成、手続きなど、個人で行うのは難しく大変のようです。中には返還請求にスムーズに応じてくれない業者もあるようですので、費用はかかりますが、弁護士や司法書士などの専門の人に依頼する人が多いようです。

過払い請求はまず、金融業者に取引履歴を開示してもらい、「引き直し計算」をします。「引き直し計算」とは、利息制限法に基づいて計算をし、本来いくら返金しないといけないのか、正しい残りの金額はいくらなのかを算出することです。払い過ぎがあれば返してもらうように請求をします。消費者金融の業者の多くが、利息制限法が定めている上限利率を超えた利息をとっていたので、過払い金が発生することが多いようです。金融業者と和解が成立しない場合は、裁判所に訴訟を起こすことになります。

Comments are closed.

過払い請求の時効はいつ?