過払い金

過払い金が発生する理由は、利息制限法と出資法それぞれが定める金利の上限が違うことにあります。金利の上限は、利息制限法では額によりますが15~20%、出資法は29.2%です。この利息制限法と出資法の間をグレーゾーン金利と言います。利息制限法を超えても罰則がなく、金融業者は出資法の上限で貸し付けていたようです。しかし、法律が変わり金融業者は利息制限法以上の金利で貸し付けが出来なくなり、グレーゾーン金利分の払いすぎたお金を返金してもらえるようになりました。

過払い金は、任意整理(http://www.4vents.net/)や特定調停などの債務整理をすることで明らかにすることが出来ます。請求はお金を借りた人自身で行うことは出来ますが、金融業者との交渉や書類の作成、手続きなど、個人で行うのは難しく大変のようです。中には返還請求にスムーズに応じてくれない業者もあるようですので、費用はかかりますが、弁護士や司法書士などの専門の人に依頼する人が多いようです。

過払い請求はまず、金融業者に取引履歴を開示してもらい、「引き直し計算」をします。「引き直し計算」とは、利息制限法に基づいて計算をし、本来いくら返金しないといけないのか、正しい残りの金額はいくらなのかを算出することです。払い過ぎがあれば返してもらうように請求をします。消費者金融の業者の多くが、利息制限法が定めている上限利率を超えた利息をとっていたので、過払い金が発生することが多いようです。金融業者と和解が成立しない場合は、裁判所に訴訟を起こすことになります。

そろそろ時効?

どうやら過払い請求をするにも、借金自体の時効や過払い請求の時効っていうのがあるそうで、わたしの借金も完済してから5年くらいたってるから、時効が近づいているかも・・・やばいですね。
そろそろ弁護士さんにでも依頼しようかなと思うんだけど、いったいどういう弁護士さんに相談したらいいんだろう??と思ってたら、ちょうどテレビでそういう特集が・・・なんでも、弁護士さんの中でも債務整理や任意整理を専門にしている人がいるらしく、借金問題や過払い請求を依頼したいなら、そういう専門にしている人にやってもらうのが、費用的にも安くすんでいいらしいです。なるほど、たまにはテレビも勉強になるなぁ。普段はテレビは嫌いで見ないんですけど、たまには見てもいいかもしれませんね。
そうそう、それで、わたしの借金の過払い請求もそろそろ時効では?と思ったので、いったいどれくらいが時効なのか・・・っていうのを調べてみたら、なんと!!過去の裁判の判例で、借金を完済してから10年後が時効だそうです!!ということは、わたしは5年前に完済したので時効まではまだまだ余裕がありそう^^v
過払い請求についてじっくり調べてから、しっかりと過払い請求をする余裕がありそうでよかった!もっとちゃんと過払い請求について調べてからでないと怖いですしね。過払い請求にも、多分デメリットもあるだろうし・・・でも、過払い請求をして何百万円もお金が返ってきたっていう話もあるから、過払い請求自体は絶対にやらないと!!

過払い請求の体験談

過払い請求を実際にやってみた、という体験談を聞きたいと思って、ネットで体験談を集めてみました。過払い請求自体は時効が来る前にできればいいので、その前に実際やってみてどうだったのか、というのを知りたいと思って・・・
中には任意整理をした人の話もまざってますが、任意整理をする中に過払い請求も入ってるみたいんなんで一緒に載せます。一体いくらの借金をして、いくら帰ってきたのかというのが一番気になりますね。

あるキャッシング業者から150万借りて、完済していた人の場合
過払い請求をするにはまず取引履歴を取り寄せる必要があるので、会社に電話して情報の開示を要求。後日、郵送で取引履歴が送られてくる。
インターネット上にある計算ソフトで、過払い金がいくらくらいあるのか調べる・・・と、過払い金が発生していることが判明。金額は108万円。そこに過払い金に対する金利を含めると、なんと120万円。
自分で過払い請求をすることを決意し、時効が来る前に・・・とすぐに行動に起こす。内容証明の準備をして、業者に送るも「個別には対応していない」という反応だったので、裁判を起こす。
弁護士などに依頼していないので、裁判も自分でする。必要な書類を用意し、裁判所へ。職員によって、計算が合っているか、必要事項は書かれているかなどをチェックされる。訂正はその場で行う。あとはひたすら待つのみ・・・が、裁判前日に裁判所より和解をすすめられたので、業者に電話連絡。その場で、114万円での和解が成立。裁判の延期を申し込み、和解書を作って業者に郵送。
後日、振込み予定日に和解時の金額が振り込まれていることを確認し、裁判の取り下げをして過払い請求は終了。

任意整理=過払い請求?

さて、過払い請求の時効について調べつつも、任意整理についても調べようかな、と思ったので早速調べます・・・そもそもわたしが任意整理をして、デメリットはないのかな?ということも気になりますしね。
早速インターネットで調べてみました。すると、こんな文章が・・・
「任意整理とは借金の整理のやり方の一つで、自己破産をせずに借金を整理することができます。
今までは弁護士に相談するとすぐに自己破産を勧められていたのですが、最近ではキャッシング業者に払いすぎた利息を過払い金として返還してもらうことで自己破産せずに借金を解決することができるということで、このやり方が主流になってきています」
あれ??ということは任意整理=過払い請求 なのかな??と思って、もう少し調べてみると・・・
「任意整理をすると、借金を大幅に減らして今後数年での借金完済を目指すことができるので、返済生活がずじぶん楽になります」
なるほど、過払い請求過払い請求と言っていたけど、今まで任意整理の話がなかったのはわたしがすでに借金を完済しているからで、もしも完済していなければ任意整理をした上で、その中の一環として過払い請求をすることになった・・・という理解でいいのかな?

ということはやはり、わたしは任意整理云々より過払い請求の時効について気にした方が良さそうですね。ということで次回からは過払い請求の時効についてまた調べることにします。最近忙しくてなかなか調べられないので頑張ります。

過払い請求と任意整理

過払い請求について考えてる、と人に相談したら、任意整理はしなくていいの?と聞かれました。任意整理っていうのも、名前は聞いたことがあるけどどういうものか分からないんですよね・・・その人も、任意整理をすると借金してても得をする、っていう程度の知識しかないみたいなので、自分で調べることにしました。
任意整理でデメリットはあるのか、とか任意整理って何か、とか、任意整理ができる期間ってどれくらいなのか、とか。それにしても、一度借金をすると本当に色々と大変ですね・・・心身ともに、借金のない人に比べてかなり早く年を取った気がします。別に遊ぶ金ほしさに借金したわけでもなければ、借金の返済から逃げたわけでもないのになぜこんな目に遭うんだろう、と思うこともあります・・・そういう人を救済するために過払い請求とかの制度があるんでしょうけど、だったらやっぱり時効があるのはおかしいと思いますね。
愚痴ばかり言っても仕方ないのですが、やっぱり世間的には借金をしたほうが悪いって感じですよね。家や車のローンだって借金だと思うんですけど、借金じゃなくてローンって言い方をするだけでなんだか許されてしまうのも変な感じです・・・
過払い請求に時効があることに不満があっても、過払い請求をしないってわけにもいかないですし、なんだか借金をした方が一方的に損をしている気もしますね。うーん、なんだか借金をして性格までねじまがってしまったのかな?今日は愚痴ばっかり言っているような気がします。

なぜ過払い請求に時効があるのか

そろそろ過払い請求について分かってきたので、過払い請求の時効についてきっちり調べて過払い請求を実際にするのに備えようと思います。でも、やっぱりそもそも過払い請求に時効があるっていうのがおかしい話ですよね。
だって過払い請求っていうのは「キャッシング業者が違法に多く請求してきた」から、「余計に払った分を返してもらう」ための措置ですよね?だったら、支払った側には何の落ち度もないんだから、10年経とうが20年経とうが時効なんて関係なく、返してもらう権利があると思うのですが・・・そもそも違法に請求することを禁止していないこと自体がおかしいと思うのに、更に時効を設けるなんてどういうこと??と思いますね。
それに、たとえば任意整理だったら一定期間は社会生活に不利なことがあるのも分かりますが(だって、借金自体を返済しない・・・というやり方ですよね?それは自分が借りたものなんだから、返すべきだと思います)過払い請求は、余分に払った分を返してもらうっていうやり方なのに、なぜブラックリストに載るか心配したり(ブラックリストには載らなくなったらしいですが)、クレジットカードが作れなくなるか心配したりしなければならないのでしょうか??
きちんと借金を返した人が過払い請求をした場合は、時効もなくして社会生活に不利になるようなことも無くすべきだと思いますね・・・色んな考え方があるので、わたしのこの要求がすべて正しいとは言いませんが、過払い請求の時効についてはちょっとおかしいなと思いますね。

時効より重要?過払い請求でブラックリスト

さて、前回まで借金の時効の話に焦点を絞っていたけど、今回からまた過払い請求に話を戻そう。過払い請求の時効がきて過払い請求ができなくなったらたまりませんしね。
わたしが気になっているのは、過払い請求をしたら何かデメリットはあるのか?ということ。たとえば、ブラックリストに載ってしまうとか・・・

毎度お馴染みのインターネットで調べてみると・・・あんと、2010年の4月から、過払い請求をしてもブラックリストに載らなくなったそうです。なんでも、そういう信用情報を取り扱っている日本信用情報機構が、4月19日よりコレ以降の記録を受け付けず、またこれまでに登録されている情報も削除する、と声明を出したそうです!
これで、ブラックリストに載ることを心配せずに過払い請求ができます^^が、注意したほうがいい点があるということ。
それは何かというと、このようにブラックリストに載るか載らないか、で悩んで過払い請求をしていなかった人たちがたくさんいるので、この声明によってキャッシング業者に過払い請求の要求がたくさんくるのが予想できるが、過払い請求のせいで倒産するキャッシング会社も多いらしいです。会社が倒産してしまったら、過払い請求どころの騒ぎではないので・・・これはもしかしたら、過払い請求の時効よりも重要かも!?早めに過払い請求をするに越したことはなさそうですね。
しかし、そもそも過払い請求でブラックリストに載っても、育英会の奨学金や社会福祉協議会の融資なんかには関係なかったりもするそうですけどね。

前回の続き、借金の時効について

前回、借金自体に消滅時効というのものがあるらしいという記事を書きました。
~らしい、ばかりの曖昧な記事で申し訳ないのですが、わたしもいまいち分かっていないのでメモ用に文章を残した感じです。今日は、借金の時効について続きを書きます。どうやら、借金の時効が認められない場合もあるらしいので、それに関しての文章です。

サラ金業者から借りた借金は、商法によるものなの5年で時効がくるが、時効の直前にでも返済をしてしまうと(してしまう、という言い方もおかしいですが)「自分は借金をしました」と認めることになって、その「返済をした5年後」が借金の時効の日になってしまうらしいです。
分かりづらいので具体例を出すと、2000年1月に借りた借金を、2003年5月まで返済していると、そこから返済しなければ時効は2008年の5月。でも、2008年の4月に返済をしてしまうと、時効はそこから5年後なので、2013年の4月になる、ということらしい。
なぜこんなことになるかと言うと、借金をした本人が借金を認めた(返済した)ということは、消滅時効を中断してもいい、と考えられるからだそうです。
また、時効がきた後にでも、同じように借金を返済してしまうとその時効は取り消しになる、という裁判例もあるそうです(そもそも借金が消滅してるのに、なぜ返済したの?という気もするんですが・・・)

逃げたもの勝ち、とか借金自体の時効があるなんて、ほとんどの人は知りませんよね・・・
でも、取立てから逃げ続けて怯えることを考えたら、やっぱり返済はし続けた方がいいのかな?うーん、難しいところですね。

借金の時効?

今日の記事は、わたしも手探りなのでちょっと分かりづらいかも・・・
どうやら過払い請求?というよりも債務整理?には「消滅時効」というものがあるらしく、それについて知らなければ過払い請求をするにあたってもしかしたら不利になるかも、ということなので消滅時効というものについて調べてみました。
一読しただけじゃ意味が分からない文章だったのですが、噛み砕きつつ消滅時効について理解しようと思うので、とりあえずネットで拾った文章を、自分なりにまとめておいておきます。後で自分で見返すようなのでちょっと不親切ですけど、すみません。

債権(借金?)というのは、一定期間「権利を行使」しないと時効がきて消滅するらしいです。権利を行使する、というのは、借金取りが借金を取り立てるとかいう行為のことらしいです。
いわゆるサラ金で、客に貸し付けた借金というのは商行為によってできた借金なので、法律によって4年で時効になるらしいです。なので、もし夜逃げなどをして5年間返済もせず、また借金取りが取り立てもできなかった場合、借金自体の時効がきて借金が消滅する(!)可能性があるらしいです。
ただ、その時効がきたら自分で債権者(つまりサラ金業者?)に「時効の成立」を内容証明などで主張しなければいけないらしいです。時効がきたら即借金消滅というわけではないようですね。

なんだか、まるで逃げ得??って感じもします・・・真面目に返す人間が馬鹿を見るんでしょうか?でも、サラ金業者がすぐに時効を認めてくれるってわけじゃないのかもしれませんね。

過払い請求とは

まず過払い請求に時効があるらしい、ということを聞いたのですが、そもそも過払い請求ってどういうものなのかな?というのを調べてみました。テレビCMとか釣り広告とかに「時効が来る前に過払い請求を」とか「過払い請求でお金が帰ってくる!」とかあるので、なんとなくのイメージは掴んでいるんですけど、やっぱり実際にやるとなると詳しく調べないと話にならないですしね。
で、インターネットで調べてみました。今は弁護士の先生のところにいかなくても色々分かって便利で安くていいですね。

過払い請求というのは、現在進行形で借金を返済している人や、借金を返済し終わった人が高すぎる利息を払っていた場合、払いすぎた金額が戻ってくる・・・というものらしいです。また、時効はだいたい10年らしいです。
どうして過払い請求でお金が帰ってくるのか?というと、利息というのは「利息制限法」と「出資法」という2つの法律で決められているそうなんですが、この2つの法律に矛盾があるらしいです。その矛盾点をついて、お金を返してもらうってことらしいですね。
なんというか、過払い請求してお金が帰ってくるなら、初めからそのお金を取らないで欲しい・・・と思うのですが。そうすれば時効とか気にしなくてもいいのに!でも、こういうのは情報弱者が損をするようにできているんでしょうね。損をしたくなければ情報強者になるしかないということなんでしょう。うーん、世知辛い世の中だ!